暮らしの保険講座

火災保険が世界で初めてできたのはイギリスのロンドンだと言われています。日本のように住宅と住宅の間が狭いロンドン市内でしばしば火災が起きたことから、皆で被害者を助け合う「火災保険」ができたのだとか。それが17世紀のことです。

それから300年が経ち、様々な種類の保険ができ、保険会社も増えましたが、皆で少しずつ保険料を出し合い、不幸にも被害に遭った人が多額の保険金を受け取るという「相互扶助」の根本精神は変わりません。

ただし、相互扶助だからといってボランティアで毎月保険料を支払うほど、今の景気はよくないし、私たちの生活も潤っていない。そんな中でどうせ保険に加入するなら、補償内容の充実した、それでいて少しでも保険料の安い保険に入りたいものです。

このサイトでは、主に火災保険についてのあれこれを紹介しています。このサイトを参考に、火災保険や地震保険、家財保険を見直してみましょう。そうして、賢く保険に入るためのノウハウを学びましょう。

  • 「教えて!戸建火災保険」
  • 「教えて!地震保険」
  • 「教えて!家財保険」
  • 「教えて!賢い契約方法」

暮らしの保険講座のサイトです。保険について学びましょう。

Copyright(C) 2011 - 暮らしの保険講座 - All Rights Reserved.